フランス革命をわかりやすく解説|(1)そもそもフランス革命って何?

各タイトルへは、こちらからご覧ください

(1)1分で読める!そもそもフランス革命って何?※このページです
(2)なぜ革命が起こったの?
(3)革命中はどんな出来事があったの?【前編】
(4)革命中はどんな出来事があったの?【後編】

【1分で解説】フランス革命とは

フランス革命(1789~99)とは、フランスの絶対王政が崩壊し、王様のいない政治体制に移行した事件のことです。

フランス革命が起こる前のフランスは、王様を頂点とするヒエラルキー社会でした。

王様は文句なしにダントツで偉い人です。

その下には、上流階級の国民がいます。キリスト教の仕事をする人とかですね。
この人たちも、税金を払わなくていいお得な身分です。

一方で、フランス国民のほとんどは「平民」という低い身分に属します。平民はたくさんの税金を払わされ、それらのお金は王様の贅沢や、戦争費用に消えていきます。

そんなゆがんだ社会に平民の怒りが爆発して、最終的には王様をギロチンで処刑してしまいました。

その後も色々ゴタゴタがあって、最後は有名なナポレオンが「もうフランス革命終わり!」と宣言して終わりました。
この一連のできごとをフランス革命といいます。


1分解説なので今回はここまでです。もっと詳しく知りたい方は、以下のリンクからご覧ください。
こちらからご覧ください。