レコンキスタとは?わかりやすく解説

レコンキスタとは

レコンキスタとは、キリスト教勢力がイベリア半島からイスラーム勢力を追い出そうとした運動のことです。日本語では国土回復運動と言ったりもします。

レコンキスタは718年から1492年まで行われ、最終的にイスラーム勢力をイベリア半島から追い出すことに成功しています。

予備知識

まずは予備知識として

  • キリスト教
  • イスラム教
  • イベリア半島

について説明します。「そんなの知ってるよ」って人は、適当に読み飛ばしてください。

キリスト教は、ヨーロッパ生まれの巨大宗教です。レコンキスタ当時は、ヨーロッパ中がキリスト教の影響を受けまくっています。

イスラム教はアラビア半島で生まれた宗教です。610年に始まって以来、色んなイスラム教の国が生まれたり消えたり、他の地域に攻め込んだりしていました。

イベリア半島は、ヨーロッパの南西にある半島です。現在は、スペインとポルトガルがあります。レコンキスタの舞台となった場所です。

レコンキスタ以前の状況

イスラーム勢力がイベリア半島に侵入する前の7世紀ごろの勢力図は、こんな感じです。

西ゴート王国は、ゲルマン人の大移動により成立した国です。
ウマイヤ朝はイスラム教の国です。もうイベリア半島の目の前まで迫っていますね。

イスラム教では、イスラム教以外の信者との戦いをジハード(聖戦)と呼びます。「これは聖なる戦いなのだ!」と信じ込んでしまえば、侵略戦争も正当化されるわけです。

そのジハードの波が、イベリア半島の西ゴート王国にまで到達したのが711年。ウマイヤ朝によって西ゴート王国は滅ぼされ、遂にイスラーム勢力がヨーロッパに進出です。

レコンキスタの経緯

侵入を受けたキリスト教勢力が、このまま黙っている訳もありません。イベリア半島を取り返すべくレコンキスタを開始し、イスラーム勢力を南へ押し返していきます。
負けじとウマイヤ朝も北上し、フランク王国へも侵入しましたが、これは撃退されています(トゥール・ポワティエ間の戦い)。

最後の拠点グラナダ

レコンキスタが進行していく中で、最後までイベリア半島に残ったイスラーム勢力の拠点が、ナスル朝の首都グラナダです。
1492年にグラナダは陥落し、これをもってレコンキスタが完了しました。


世界遺産
宮殿

アルハンブラ宮殿

13~14世紀に建設されたグラナダの要塞。ここを拠点にレコンキスタに抵抗したが、約200年持ちこたえたのち、陥落。

スペインとポルトガル

レコンキスタが進行する過程で、イベリア半島には、アラゴン・カスティリャ・ポルトガルの3つのキリスト教国家が建てられました。

このうちアラゴンとカスティリャは統合し、1479年にスペイン王国へと生まれ変わりました。

レコンキスタ まとめ

まとめ
  • レコンキスタとは、キリスト教勢力がイベリア半島からイスラーム勢力を排除しようとした運動のこと。
  • イスラム教国のウマイヤ朝はイベリア半島に進出し、711年に西ゴート王国を滅ぼした。
  • 1492年にイスラーム勢力最後の都市であるグラナダが陥落し、レコンキスタが完了した。
  • イスラーム勢力が一掃されたイベリア半島には、ポルトガル王国とスペイン王国が成立した。